和食メインの食事でダイエットできる3つの理由。

和食メインの食事でダイエットできる3つの理由。

食事制限のダイエットを成功させる秘訣。

 

ダイエットを行う時ほとんどの人は食事制限をすることで取り組むものです。しかしながら食事制限は食べたいものを我慢しなければいけない、あるいは空腹を感じてしまうということで難しいものと思われがちです。しかし食事制限の中でも和食メインの食事を摂るというダイエットをすれば、成功できる可能性は高くなります。この和食メインのダイエットを成功させられる理由は3つあります。

 

和食は料理してもカロリーが低い状態を維持できます。

 

和食は一般的に洋食や中華と比較するとカロリーが低くなる傾向にあります。これは利用する食材に肉よりもカロリーが低めの魚を多用することと、使用する調味料が塩やしょうゆといったカロリーがそれほど多く入っていないものを使用することから和食は全体的にカロリーが低めの食事ができるようになります。
白ご飯で腹持ちをよくして間食を減らします。

 

また和食では必ずといっていいほど白ご飯が出てきますが、白ご飯は腹持ちがパンや麺類と比較していい方なので満腹感を感じやすいです。そのため食事の摂取量自体が減少しますし、食間に空腹を感じて完食をするようなこともなくなります。洋食は調理に油を多用するパスタやパンを食べる機会が多くなり、中華もラーメンやチャーハンといった油を使用する料理が多いですが、白ご飯は炊いてそのままの状態で出てくることがほとんどです。白ご飯自体にはカロリーが含まれているかもしれませんが、それ以上調理をすることはなく、余分なカロリーが付いてしまうことがないため結果として摂取するカロリーが減少するのです。
ダイエットをしていて栄養失調になることもありません。

 

さらに和食では焼き魚や刺身といったたんぱく質から、野菜の煮物や和え物といったさまざまな食材を用いた料理をいっぺんに食べられます。ダイエットをするにあたって大きな問題となるのは、食事を制限しすぎたことによる栄養失調なのですが和食はきちんと食べていれば栄養がしっかり摂れて栄養失調を理由にダイエットを断念するリスクも減少します。このようなことから和食メインの食事をすればダイエットに成功できる可能性が高くなるのです。